プレミア(有料会員)

5月19日(MayFri, 19 May 2017 00:00:00 +090000) またも初回に・・

戦評

序盤で先発左腕が失点した阪神が、後半本塁打攻勢で反撃するも及ばず、1ヶ月振りの連敗を喫した。

大学野球との兼ね合いで金土日すべてナイトゲームで行われる神宮3連戦。今季は立ち上がりの失点が目立つ阪神先発・岩貞は、初回 1番 荒木にストレートの四球で歩かせると山田のヒットなどで二死満塁となり、6番大引の右適時2点二塁打でヤクルトに先制を許した。今季6度の登板中、初回失点は実に5回目である。

思い切り腕を振る事を心がけてマウンドに上がった岩貞だが、序盤は球が低めに集まらず痛打を浴びる場面が目立った。3回裏には山田の2打席連続安打と雄平への死球で一死1・2塁から5番バレンティンに右前適時安打を浴びて3対0とされる。

東京ヤクルトは今季2度目先発となる右腕・原 樹理。真っ直ぐの走りが非常に良く、右打者へのシュート、左打者にはカットボールを有効に使って猛虎打線を翻弄する。阪神は2回表に二死から鳥谷のヒットと四球で1・2塁とした以外は前半殆どチャンスはなく、5回まで僅か1安打とほぼ完璧に抑えられる。

グラウンド整備が行われた直後の6回表 先頭・岩貞の代打・伊藤隼は初球の変化球を叩きライトスタンドへ1号ソロ本塁打を放って反撃の狼煙を上げる。これで勢いがついた打線は高山・北條の連打で無死1・2塁としてクリーンアップに繋げるが、糸井・福留・中谷が抑えられて、この攻撃を1点止まりで終えてしまった。

代打アーチの伊藤隼太外野手が振り返る。「打ったのはカット。円陣を組んだ時に片岡コーチからも『積極的にいこう』という言葉があったし、代打での打席だったので初球から思い切って振りに行った」。

5回( 89球)4安打 2三振 4四死球 3失点で降板した岩貞祐太投手は、「立ち上がりからボールが高く、最後まで修正する事が出来なかった。同じ失敗を繰り返しているし、良いリズムを作る事が出来ず、野手の皆さんに申し訳ない」と話している。

阪神は2人目・松田が2イニングを無失点に凌ぐ。ヤクルトも7回をルーキがピシャリと抑えるが、石山が登板した8回表  一死から1番 高山がフォークボールを捉えて右越えの2号ソロ本塁打を放ち、阪神が1点差に迫る。

しかし、その裏  阪神3人目・藤川の初球フォークを5番バレンティンが完璧に捉えて  レフトスタンドへダメ押しの6号ソロアーチ。最後はクローザー秋吉が締めて、4対2でヤクルトが勝った。6回(84球)4安打6三振1四球1失点の好投・原樹が今季初白星を飾っている。

ここ数試合 打線が低調の阪神は、約1ヶ月振りの連敗。本塁打以外で得点をあげられず、この夜も6安打と振るわなかった。良い状態が比較的長く続いた反動もあるだろう。その中でサード鳥谷が幾度か好守を見せたり、リリーフ松田も苦しいところを力投で踏ん張っていた。停滞期だからこそ、先ずは我慢強くディフェンス面から良い流れを作って行ってもらいたい。

戦評一覧へ戻る

MENU

PICK UP CONTENTS

  • 虎テレ
  • スタジアムナビ