5月31日(22Asia/Tokyo31) 抜群な制球

戦評

序盤のチャンスをモノにし先手を取った阪神が、ベテラン左腕の素晴らしい投球で主導権を一度も渡す事なく5月を連勝で締め括った。

千葉ロッテ先発左腕 チェン・グァンユウに対する阪神は、5番ファーストに中谷。前日スタメン鳥谷を休ませてキャンベルがサード、7番ショートにはスイッチ転向の大和を起用する。2回表  好調の猛虎打線が先手を取る。中谷・大和のヒットと俊介・四球で一死満塁とすると9番 梅野の左前適時安打で2者を返す。続く高山・内野ゴロの間に1点を加え、この回3点を奪った。

先制打の梅野隆太郎捕手が振り返る。「打ったのはストレート。初球からスイングすることが出来たので、追い込まれてしまってもいい結果に繋がったと思う」。粘る事を意識してインコースに反応出来た打撃に、梅野は満足そうな笑みを浮かべた。

阪神先発・能見は、序盤から良く腕が振れて制球も抜群。4回裏には先頭1番 大嶺翔に左越え二塁打を浴びてピンチを背負うが、落ち着いて後続打者を打ち取った。テンポ良くストライク先行で打者を攻めて行くスタイルでグイグイと押して行く。低めら低めを丁寧に突き、三振やゴロアウトの山を築いた。

一方、チェンも序盤こそ5四球と制球に苦しんだが、中盤以降は本来の投球を見せた。返す返すも2回表の3失点が非常に悔やまれるところだ。結局6回(113球)まで投げて 6安打 4三振 5四死球 3失点で降板している。

完封も見えて来た8回裏、能見は三木のヒットと四球で二死1・2塁と走者を背負い、当たっている1番 大嶺翔を迎えたところで無念の交代となった。一発同点の場面でリリーフ桑原は、大嶺を二飛に打ち取り大きなピンチを凌いでいる。  能見は7回2/3(100球)4安打9三振2四球 無失点。内容も抜群で、ほぼ非の打ち所がない投球だった。ダグアウトで金本監督は、能見の背中に手をかけて好投を笑顔で労った。能見篤史投手は、「(今日は)向かい風も意識して投げた。(8回は)球が行かなくなった」と振り返っている。

9回表  阪神はロッテ4人目・益田を攻めて、四球と途中出場・北條の左前安打で一死1・3塁として3番 糸井の技あり左前適時安打で漸くダメを押す。更に一死満塁から中谷・内野ゴロの間に1点を加えた。「良かった。マグレです」と糸井嘉男外野手は、いつもの調子で答えている。最後はマテオが 締めて、阪神が5対0で千葉ロッテに敵地で連勝を飾った。交流戦連勝スタートの阪神は、再び勝ち越し10として貯金を2桁に乗せている。

「(今季最長イニングを投げて)非常に疲れました」。ヒーローインタビューは勿論、文句なしの内容で2勝目をあげた能見篤史投手だ。「(強風のZOZOマリンスタジアムなので)秋山もそうだったけど、高めに行かないように意識しながら今日は投げた。(チームが勢いづいているが、一人一人)やるべき事をしっかりやれば自ずと勝利に近づくので、そこはしっかり意識しながらやっていけば大丈夫だと思う。何とか今日来てくれたファンの方に勝利を届けられて良かった」と話した。

「(能見について)今日は真っ直ぐがまずまずだったし、変化球も良く落ちていた。(交代のタイミングは)一発で同点だから・・」 。金本知憲監督が振り返る。「(先制打の梅野は)良いところで打ってくれたね。彼が打つと点が入るわね!」。4カード振りの勝ち越しとなったが、「とにかく、しっかりとした野球をして明日も勝ちたい。(月3つの勝ち越しを目指す中、5月は貯金6で終わったが)そういう意味ではクリアしてるネ!」と指揮官は声を弾ませていた。

戦評一覧へ戻る

MENU

  • 虎魂