プレミア(有料会員)

5月16日(20Asia/Tokyo16) DeNA戦6連勝ならず。明日仕切り直し

戦評

今季の対戦成績は5戦5勝。無敗を継続していたDeNA戦だったが初回からビハインドを背負う、苦しい展開にしてしまった。

先発・岩貞は立ち上がりの2球目を捉えられ長打を許すと、守備の乱れも絡んでいきなり無死3塁。DeNAの3番・ロペスに適時打を浴び先制点を献上してしまう。その後も守備の乱れもあり5回まで2回を除く毎回の4失点。決定的な一打を浴びたわけではないが、ジリジリと点差を広げられる苦しい投球に「初回は1点で凌げて最少失点でいけたんですけど、3回のホームランはツーアウトだったのでもうちょっと慎重にいっても良かった。反省は次に生かしていきたい」と次回登板でのリベンジを誓っていた。

打線もルーキーながら防御率2.09と好投を続けるDeNAの先発・東の前に3回まで無安打に抑えられる。4回に福留がチーム初安打を放つが後続が続くことが出来ない。

7回には前の打席で安打を放った福留が四球を選び、この日初めて先頭打者を出塁させる。反撃への期待が高まったが2死後、原口が芯で捉えた打球は当たりが良過ぎてセンターライナーに。終盤になってもホームが遠い。

ビハインドのままイニングは進んだが、最終回の攻撃は2番からの好打順。先頭・植田の打球はサード前へのボテボテの当たりだったが全力疾走で1塁を駆け抜けると判定はセーフ、植田の俊足が勝り出塁する。さらに続く糸井はライト前に運び無死1、2塁。完封目前だった東を攻め立てチャンスを作った。反撃の絶好機にチーム初安打を放った福留の勝負強さ、一振りで試合の流れを変えるロサリオの長打力に期待が高まったが左右のスラッガーのバットから快音は聞かれず。

8日の巨人戦以降、思うように得点出来ない打線に金本監督は「乗っていくためには打線の奮起が必要」
明日はカード勝ち越しを懸けた大事な試合、今日の完封負けを吹き飛ばすぐらいのド派手な大勝でチームに勢いをつけたい。

戦評一覧へ戻る

MENU

  • オリジナルハンドタオルをプレゼント!