プレミア(有料会員)

6月10日(th0000006) リリーフ陣の粘投もあと1点が遠い

戦評

初回に1死2、3塁のチャンスを作ると糸井がレフト前に落ちる2点適時打を放ち先制に成功。幸先良く先手を取った。

援護点をもらった先発・高橋遥は初回に続いて2回も無失点に抑え、ピンチを招いた3回も最少失点で切り抜ける。4回はロッテ打線の中軸を三者凡退、ここからピッチを上げるかと思われたが5回に2点を失い、イニング途中でマウンドを降りてしまう。試合後には先頭打者の安打や四球も絡んでの失点に「中盤に点取られてしまうのはいつものことなので力不足です。ピッチャーがゲーム作ってる流れを止めてしまった」と反省の弁を述べていた。

逆転を許し、ここから継投へ。リリーフ陣の粘りが相手に傾きかけた流れを引き止める。まずは5回2死満塁で登板した尾仲がロッテの5番・井上を3球で空振り三振に打ち取りピンチを凌ぐ。6回からは谷川がマウンドに上がり、福留のファインプレーにも助けられ2回を無失点。8回は藤川が先頭打者に安打を許したが、野手顔負けの好フィールディングで走者を殺し、やはり得点は与えない。9回は岩崎が1死2、3塁のピンチを背負いながらもロッテの3番・中村、4番・角中を連続三振に切ってとり、1点差のまま味方の反撃を待つ。

リリーフ陣の粘りのピッチングに応えたい打線は9回、先頭の糸井がロッテの守護神・内から安打を放つ。続く中谷は1球でバントを成功させ、同点の走者を得点圏に送る。1死2塁と攻撃の形を作り、同点、さらには2日連続のサヨナラ勝ちへの期待は高まったが、あと1本が出ず。初対戦でデータの少ない投手との対戦が続く交流戦、停滞気味の打線について金本監督は「それぞれが工夫しないと、前に出るとか。各自が考えないといけない」と渋い顔。

試合終盤に強くなった雨の中でも最後まで声援を送ってくれたファンのため、明日こそ打線の爆発でスカッと勝ちたい。

戦評一覧へ戻る

MENU

  • オリジナルハンドタオルをプレゼント!