プレミア(有料会員)

6月12日(JST000000Asia/Tokyo) 北で覚醒!中谷5打点

戦評

高山・中谷のアーチ競演など北の大地で久々に若虎打者の活躍が目立った阪神が、豪快に打ち勝った。

北海道日本ハム先発・斎藤佑に対して阪神は、2番に一軍再昇格の高山。4番DHで糸井、6番 鳥谷、植田を9番で起用する。2回表 阪神は中谷・陽川のヒットと捕逸の二死2・3塁から8番 梅野の遊撃適時内野安打で先制した。「打ったのはカットボール。バットの先だったけど、良いコースに転がったので一生懸命走った。(微妙な判定でリプレイ検証もあったが)先制することが出来て良かった」。梅野隆太郎捕手がラッキーな先制打を振り返る。

3回表は1安打2四球で一死満塁として5番 中谷の左犠飛で阪神が2点目を奪う。「打ったのはストレート。自分のスイングをすることを心がけて打席に入った。最低限の結果だったけど、追加点を取ることが出来て良かった」と中谷将大外野手は話している。

阪神先発は「札幌ドームは好きな球場」と語るメッセンジャー。立ち上がりから走者を背負い抜群の出来ではないものの、要所は締めて序盤を無失点で滑り出す。3回裏は一死3塁のピンチだったが、サード鳥谷がライン際の打球を捌く美技に救われた。4回裏には一死からレアード・アルシアに連続二塁打を浴びて失点するが、味方の大量援護もあって5回から3イニング連続三者凡退に打ち取る投球で落ち着いて試合を作った。

日本ハム・斎藤は制球に苦しんで毎回走者を許す苦しい投球。4回表も先頭・梅野に四球を与え植田のバントヒットと糸原・犠打で一死2・3塁のピンチを招く。ここで2番 高山はフルカウントからライト線ギリギリの打球がファールとなる(阪神にリクエストも失敗)も、打ち直しとなった次の球を右中間スタンドへ運ぶ今季1号3ランを放った。更に二死1塁から5番 中谷も大ファールのあとレフトスタンドへ豪快に2号2点本塁打を打ち込んで、阪神が7対0と大きくリードを奪う。

今季もここまで不本意な内容だった高山 俊外野手は、「昇格してすぐにチャンスを貰ったので、期待に応えたいという思いがあった。最高の結果になってくれた」と声を弾ませる。中谷将大外野手も、「打ったのはストレート。追い込まれてしまったので繋ぐ意識で打ちに行った。コンパクトにバットを出せたことがいい結果に繋がってくれた」と笑顔を見せている。

大きなアドバンテージを得た阪神は8回表に糸原の左越え適時二塁打と中谷の中前2点適時安打で3点を加えるが、その裏メッセンジャーが中島・西川・大田に3連打を喰らって1点を失うと、更に3番 近藤にも右中間へ2点三塁打を浴びて交代する。代わった尾仲は、中田・三ゴロの間に1点を許すも後続を抑えた。最後は能見が締めて10対5で阪神が勝利を収めている。

メッセンジャーは7回0/3(120球)8安打 8三振 2四死球 5失点ながら、この日ばかりは打線に助けられて今季8勝目をマークした。中谷の5打点を筆頭に12安打10得点と北の大地で火を吹いた若虎の活躍が光った一戦だったと言える。ヒーローインタビューに呼ばれた高山 俊外野手は、「(3点本塁打の場面は)得点圏だったので、ここでやってやろう!と言う気持ちで…。その前のリクエストがファールで良かったのかな?と思う。(昇格即スタメンで使った監督の)そう言う思いに応えたい気持ちが強かった。今季ずっと応えられてなかったので、今日そう言うカタチでまず一歩踏み出せて良かった」と語った。

「(高山の一発は)一番良いところで出たね! 良いカタチで打てていた。(リプレイ検証となった)あのファールも彼らしい当たりだった。ファームでの姿勢も評価されていたので。また使いたいね。(中谷については)あの本塁打で、またチームも楽になった」。金本知憲監督も手塩にかけて来た愛弟子たちを久々に称賛する。守備では3回裏の鳥谷の美技をポイントにあげて、「(あの打球は)逆シングルで難しかったと思う。アンツーカーのところだしね!」とベテランの技を持ち上げた。今季悩みのだねーとなっている打線に光
明が差して、指揮官の表情にも明るさが甦っていた。

戦評一覧へ戻る

MENU

  • オーエン甲子園