プレミア(有料会員)

8月10日(AugustFri, 10 Aug 2018 00:00:00 +090000) 何でか? 相性抜群

戦評

序盤で主導権を握った阪神が、エースの安定した投球でDeNA打線を抑え、前夜の巨人戦に続き連勝を飾った。

真夏の横浜スタジアム。DeNA先発左腕・東に対する阪神は、5番以下をナバーロ・陽川・俊介・梅野と並べて前夜から一新した。初回の一死1塁を福留の併殺打で潰した阪神だが、2回表 糸井・ナバーロの長短打で作った一死2・3塁から7番 俊介の右越え適時二塁打で先制する。「打ったのはストレート。先制のチャンスで回ってきた打席だったので走者を返す事だけ考えていた。速い球に合わせて自分のスイングで打つことが出来た」と俊介(藤川俊介)外野手は振り返った。この一打で2塁走者ナバーロが生還出来ない判断ミスがあったものの、二死後、9番メッセンジャーにも右前適時安打が出て何とか2点目が入っている。

3回表には福留が一死後10号ソロ本塁打をライトへ放ち、阪神が3対0とリードを広げる。「打ったのはスライダー。初回に併殺打でチャンスを潰してしまっていたので、塁に出てチャンスを作ろうと思い、打ちに行った。いい形でしっかりと捉えることが出来た」。4季連続2ケタ本塁打となった福留孝介外野手は、キャプテンらしく責任感溢れるコメントだ。

阪神先発・メッセンジャーは、その裏 大和のヒットと2四球で二死満塁とされるが、5番 宮崎を二ゴロに打ち取り序盤の大ピンチを逃れる。この夜は決して切れ切れ抜群の内容ではなかったが、相性の良さもあってか?要所要所はしっかりと締める投球でDeNA打線を封じて行く。7回裏にも二死から代打・神里とソトに連打を浴びて1・2塁とされ、一発同点の場面を迎えたが、3番ロペスを打ち損じの遊飛に抑えて難を逃れる。7回(119球)を投げて6安打4三振3四球 無失点と見事に結果を出している。

阪神は、終盤3点リードで得意の逃げ切りに入るが、2人目・能見が8回裏一死5番 宮崎にレフトスタンドへの20号ソロ本塁打を運ばれて1点を失う。それでも、それ以上の失点は許さない。9回裏は、ドリスが僅か5球で片付けて3対1と阪神がDeNAを下した。前夜に続いて敗れていれば自力優勝の可能性が消えて広島にマジックナンバー(35)が出る危機だったが、守りの野球で阻止したカタチである。

ヒーローインタビューは、11勝目を挙げたランディ・メッセンジャー投手だった。「チームメイトがしっかり守ってくれたし、点も取ってくれたので嬉しい。(2点目の適時打については)ラッキーですね、ラッキー!(これでDeNAには今季6勝無敗だが)何でか分からない。判っていれば、他のチームにもそう言うピッチングをするんだけど…(笑)。チームメイトが支えてくれてるので、それが大きいと思うよ」。

試合前には前回対戦(7月20日)で抑えられた東の真っ直ぐに力負けしない!と言うテーマがあったが、初回先頭・糸原がいい当たりの中飛を放ち、「あれでチームも行けるんじゃないか?」となったようだ。金本知憲監督は、「3点しか取れていないから、全部が大きかった。俊介も、あそこでよく打ってくれた!」と振り返っていた。

戦評一覧へ戻る

MENU

  • オリジナルハンドタオルをプレゼント!
  • オーエン甲子園