プレミア(有料会員)

9月12日(37Asia/Tokyo12) 果的な2発とビッグイニングで勝利

戦評

不穏な空気が漂ったのは試合開始直後と試合終了直前だけだった。

先発・岩貞は立ち上がりに与えた2四球から2点適時打を浴び、先制を許す。1番・北條、2番・糸原と組み替えた新打線は初回に1死2塁とするが、前日2本塁打の3番・大山がレフトフライに倒れ、チャンスが萎む。重い雰囲気に飲まれそうになったが4番のバットが振り払った。

糸井がスライダーにややタイミングを外されながらも捉えた打球は文句なしにライトスタンドへ一直線。金本監督が「すぐにツーランで返してくれて、そのままズルズルいかなかったホームランでした」と評する一振りですぐさま試合を振り出しに戻した。

同点の3回には先頭・北條の安打から2死1、2塁とし、陽川がセンター前に落とす。「打席に入る前から積極的に行こうと心掛けてました」と勝ち越し点を奪うと猛虎打線の本領発揮は次の回だ。

4回、先頭・梅野の2塁打からチャンスを作り相手の失策で1点を加えると大山がレフトスタンドに2試合連続アーチとなる3点本塁打を叩き込む。この後さらにナバーロにも適時打が飛び出し、打者一巡の猛攻で一挙5得点。この時点で早くも先発野手全員安打&2桁安打を記録した。

2回以降は安定した投球を続けていた岩貞は大量援護にも助けられ、2回から6回までの5イニングで許した安打は1本だけ。中日打線をほぼ完璧に封じ込んだ。連打を浴び1死1、2塁とした7回も後続を断ち先発の役割を十分に果たす。

6点リードの終盤戦は望月、岡本とつなぐ。9回に不運な当たりもあって反撃を許したが、最後は藤川が締めて逃げ切りに成功。

打線は敗れた前日も2桁安打を放っており金本監督は「活発に打ってくれてるんで持ってるもの全部出してほしい」と今後の爆発にも期待していた。明日の中日の先発は松坂、球界のレジェンドを攻略しさらに勢いをつける。

戦評一覧へ戻る

MENU