5月12日(th0000005) カード勝ち越しならず。悔しい敗戦

戦評

先発・才木が立ち上がりに2四球を与え2失点。中日の5番・高橋周に2点適時打を浴びたがその直後、頼れる虎の5番がやり返す。

2四球と糸井の安打で1死満塁とすると福留がセンター前に鮮やかな2点適時打を放つ。百戦錬磨のベテランの一打で同点とした。

しかし才木が2回にも1点を失うとこの1点が中々返せない。4回に梅野の安打とマルテの四球で無死1、2塁と同点、逆転のチャンスは作ったが木浪の放った右中間への鋭い打球は相手のファインプレーに阻まれ、才木はスリーバント失敗。2死となってから近本の放ったセンター後方への大飛球も柵越えまではあとわずかに足りない。絶好機を逃すと才木は5回にも2点を奪われてしまう。

「初回から自分の投球をすることができず、常にランナーを背負う状況を作ってしまいました。投球でも攻撃でもチームに迷惑をかけてしまい申し訳ないです」

後半は島本、守屋、石崎、能見とつないで無失点。リリーフ陣の踏ん張りで追加点を与えなかったが打線も2回以降はホームが遠い。3点を追う9回の攻撃、近本の安打と糸井の四球で2死ながら走者をため一発が出れば同点という場面を作った。打席には長打力のある大山を迎えたが若き4番のバットから快音は聞かれず、カード勝ち越しはならなかった。

試合後の矢野監督は「悔しいです」と本音を隠さず。やられた分は次に取り返すしかない。しかも次カードは今季まだ白星のない巨人戦。「今シーズンやられてるのはわかってますし、巨人には特別な思いを持って戦っていきたいと思います」首位を走る宿敵を叩き、チームを勢いづかせたい。

戦評一覧へ戻る

MENU

  • 虎魂