5月4日(JST000000Asia/Tokyo) 神宮花火大会。終盤の4発で突き放す

戦評

今季の戦績は5勝0敗。相性の良いヤクルト戦でこの日も序盤から塁を賑わせた。しかし先頭打者を出塁させながら初回と2回は併殺打が響いて無得点。ならばと矢野監督は3イニング目に動く。先頭の近本が相手の失策で出塁すると糸原の打席でエンドラン。センター前への安打でスタートを切っていた近本は3塁に到達しチャンスを拡大させた。さらに糸原が盗塁を決め無死2、3塁としマルテの適時打で先制に成功した。

その裏、先発の西勇は連続長打を浴び同点とされてしまうがそこから崩れない。無死2塁の厳しい状況でヤクルトの新助っ人であるオスナとサンタナ、さらに巧みなバットコントロールの光る好打者・青木を打ち取り2点目は与えなかった。

すると打線は5回、近本が2塁打で出塁し相手守備の乱れにより勝ち越しのホームに生還した。直後に3点を奪われリードを許すが心配は無用。6回、2死1、2塁から代打・陽川が初球を捉えて左中間を深々と破る。これが2点適時2塁打となり一振りで試合を振り出しに戻した。

4-4の同点で終盤戦を迎えると打線の破壊力の差が勝敗を分けた。まずは7回にマルテがレフトスタンドへ勝ち越しアーチを描く。これが号砲となり8回には1死2塁から中野がライトスタンドにプロ初本塁打を放ちリードを3点に広げた。「感触的には非常に良かったと思ったので、入ってくれと願いを込めてボールを見てて入ってくれたので良かったです。積極的に振りにいけているところが今のところ良いかなと思っているので継続してやってきたいと思います」さらに9回には大山がフェンス直撃の適時3塁打を放ち、トドメはサンズと佐藤輝の2者連続アーチ。強烈なダメ押しにより計11得点、リードを6得点に広げて守護神・スアレスを温存しつつ逃げ切った。

これで対戦成績は6勝無敗。仮に今後の試合が五分だったとしても十分な貯金だ。優勝の必須条件は得意なチームを作り、苦手なチームを作らないこと。ゴールデンウィークに言うのは時期尚早だが、優勝への第1条件を早くもクリアした。

戦評一覧へ戻る

MENU

  • 虎魂