プレミア(有料会員)

8月10日(JST12000000) 中押し出来ず 逆転黒星

戦評

再三あった前半の好機を生かし切れなかった阪神が、後半追い上げられ逆転を許した。

巨人先発・内海に対して阪神は俊介・上本・大山で1~3番を組み、前夜のヒーロー福留を休ませる。初回は二死から大山がレフト線二塁打でチャンスを作るが、4番ロジャースは三ゴロに倒れる。2回表は中谷・四球と鳥谷・右前安打で無死1・3塁。大和・見逃し三振の後 8番 梅野が三遊間突破の左前適時安打を放ち、阪神が先制する。メッセンジャー・犠打で二死2・3塁として1番 俊介の右前適時安打で更に1点を加えた。

梅野隆太郎捕手が先制打を振り返る。「打ったのはカット。先制のチャンスの打席だったし、見逃せばボールだったかもしれないが、思い切って打ちに行った。走者を返し、先制することが出来て良かった」。俊介(藤川俊介)外野手も、「打ったのはスライダー。先制してランディさんの送りバントが決まった、いい流れで回ってきた打席だったし、積極的に打ちに行った。もう1点欲しいところで一本打つことができて良かった」と話している。

阪神先発・メッセンジャーは初回二死から坂本勇に四球を与えるが、捕手・梅野が坂本の盗塁を阻止。2回裏は3者凡退に退け、上々の滑り出しを見せる。4回裏一死から2番マギーに巨人の初ヒットとなる右越え二塁打を浴びるが、坂本・阿部を連続三振に斬って初めてのピンチを凌いだ。しかし続く5回一死後 6番 長野に内角直球をジャストミートされて、左翼ポール際へ 12号ソロ本塁打を浴びて1点を失う。

阪神は3回 4回と追加点機があったが、内海の粘り強い投球の前にあと一押しが出来ない。6回表は先頭・鳥谷が中越え三塁打で無死3塁の絶好機を演出するが一死後  8番 梅野のセーフティースクイズは失敗に終わり、嫌なムードが漂う。ベテラン内海は6回(89球)
を投げて8安打5三振1四球の2失点で抑える見事な投球だった。

6回裏  巨人は内海の代打・石川の右越え三塁打から一死後 2番マギーの右犠飛で2対2と追いつく。更に7回裏  メッセンジャーは先頭・阿部の強襲安打(通算1997安打目)を右足踝(くるぶし)付近に受けて負傷交代。代わった桑原が一死満塁の大ピンチを迎えるが、橋本到を一ゴロ、相川を中飛と巨人の代打攻勢を退けた。メッセンジャーは6回0/3(111球)4安打 6三振 1四球 2失点。降板後は、右足首にアイシングをして病院に直行している。

決着は8回裏  阪神3人目・マテオは先頭の陽に四球、マギーに右前安打を許して無死1・2塁のピンチを招く。何とか二死満塁まで漕ぎ着けたが、途中出場・寺内にレフト線へ2点適時二塁打を浴びて、巨人にリードを奪われる。更に途中からショートを守っていた北條の失策もあって5対2とされて、試合の流れからするとほぼ勝負はついた。9回表 前夜の立役者である伊藤隼・福留の代打攻勢も実らず、守護神・カミネロに20セーブ目を献上して、試合が終わった。

敗れた阪神では、ルーキー大山がプロ初の1試合3安打。俊介は適時打に加えて、センターの守備でも8回裏 坂本の右中間大飛球を好捕する美技を見せている。

痛恨の逆転負けに金本知憲監督も表情は冴えない。「(中押し点が入らなったが?)そこでしょうね、一番の原因は。(6回表 梅野のセーフティースクイズ失敗は)サインを出した結果。裏目に出た」。失点に四球絡みが多くなっている事を口にした指揮官だが、打たれた事よりもアクシデントで降板したメッセンジャーの具合が心配な様子で「報告がまだ来ていないので」と多くを語らず、真夏の東京ドームを後にして行った。

戦評一覧へ戻る

MENU

PICK UP CONTENTS

  • ファン感謝デー2017