プレミア(有料会員)

ソーシャルメディア利用規約

第1条(本規約の適用範囲)
  1. 本規約は、株式会社阪神タイガース(以下、「当球団」といいます。)が、「ソーシャルメディア」を利用して提供するサービス及びその付随サービス(以下、合わせて「本サービス」といいます。)を利用される皆さま(以下、「利用者」といいます。)に対して適用されます。
  2. 本規約と、第三者が運営するソーシャルメディアの利用規約が相違する場合は、第三者が定める利用規約が適用されるものとします。
第2条(情報の性質)

当球団が本サービス上で発信した情報の正確性については万全を期しておりますが、不正確又は不完全な情報である可能性があります。また、当球団の公式発表・見解の発信は、阪神タイガース公式ホームページへの掲載又はニュースリリース等により行います。

第3条(禁止事項)

利用者は、本サービスの利用に際し、以下の行為をしてはならないものとします。

  1. 当球団又は第三者の権利又は財産を侵害する行為及び侵害するおそれのある行為
  2. 当球団、第三者又はそれらの商品・サービス等に対する誹謗中傷及びそのおそれのある行為
  3. 自己の商品・店舗・会社の紹介、宣伝等の商業的行為を含む行為
  4. 第三者のプライバシーを侵害する行為及びそのおそれのある行為
  5. 選挙運動、政治活動及びこれらに類する行為
  6. 特定の宗教、組織又は団体に関する布教活動、勧誘及びこれらに類する行為
  7. コンピュータのソフトウエア、ハードウエア又は通信機器の機能を妨害し、破壊し、又は制限するように設計されたソフトウエア、ウイルス、特定のコード、ファイル又はプログラムを含むコンテンツの送信及び書込み
  8. 有害、わいせつ、暴力的、差別的な内容の情報又はこれらの内容を連想させる情報の発信
  9. 公序良俗又は法令に反する行為及びそのおそれがある行為
  10. 本サービスの運営又は当球団の事業活動の妨害及び当球団の信用の毀損
  11. 虚偽情報の申告及び第三者の情報を利用したなりすまし
  12. 前各号の定めのほか、当球団が不適切であると判断する行為
第4条(免責)
  1. 当球団は、以下に定める事項及び当該事項から生じる結果について、一切の責任を負わないものとします。
    1. 本サービスの利用により利用者自身に発生した、又は利用者が第三者に生じさせた損害
    2. 本サービスの利用により利用者同士又は第三者との間に生じた紛議
  2. 本サービス上の情報が不正確又は不完全であったことにより利用者に損害が生じた場合でも、当球団は一切の責任を負わないものとします。
  3. 当球団は、利用者への事前の通知なく本サービスの内容の追加、変更、終了、情報の削除、ユーザーアカウントのブロック等を行うことができるものとし、その結果、利用者に損害が生じたとしても、一切の責任を負わないものとします。
  4. 当球団は、次条第2項による当球団の措置によって当該利用者に損害が生じたとしても、一切の責任を負わないものとします。
第5条(本規約の違反等)
  1. 当球団は、利用者が本規約に違反したことにより当球団に損害を与えた場合、当該利用者に対し、損害賠償を請求できるものとします。
  2. 当球団は、利用者が本規約のいずれかの条項に違反し、又は利用者の行為が本規約に照らして不適切と判断した場合、当該利用者に対し事前に通知をすることなく、利用者が本サービス上に発信した情報の削除、ユーザーアカウントのブロックその他の必要な措置を取ることができるものとします。
第6条(知的財産権の取扱い)
  1. 利用者は、自ら著作権等の必要な知的財産権を有するか、又は必要な権利者の許諾を得た場合のみ、本サービス上に発信することができるものとします。
  2. 本サービスの利用に当たり、本サービス上に発信された情報の知的財産権は、当該情報の発信者(当球団が情報の発信者である場合は当球団も含み、以下、合わせて「情報発信者」といいます。)に帰属します。利用者は、情報発信者の承諾なしに本サービス上の情報の全部又は一部について、知的財産権に関する法律で定められた範囲を超えて利用してはならないものとします。
  3. 当球団を除く情報発信者は、本サービス上に情報を発信した時点で、当該発信された情報のうち知的財産権で保護される情報を利用する権利を当球団に無償で付与したものとし、当球団による当該情報の利用に関して著作者人格権を行使しないものとします。
第7条(個人情報の取扱い)

当球団は、本サービスを通じて利用者から個人情報を取得する場合には、所得した個人情報を当球団の個人情報保護方針に基づいて適切に管理するものとします。

第8条(提供情報の取扱い)
  1. 当球団は、当球団が秘密保持義務を負う意思を表示していない状態で利用者から提供を受けた情報について、秘密を保持する義務を負わないものとします。
  2. 当球団は、利用者から提供を受けた情報について、回答、利用、又は評価する義務を負わないものとします。
第9条(本規約の変更)

当球団は、本規約を、利用者の承諾を得ることなく変更することがあります。この場合、当球団は、速やかに変更した本規約を阪神タイガース公式ホームページ上に掲載するものとし、当該掲載がされた時点で変更後の本規約は効力を生じるものとします。これ以降、利用者は変更後の本規約の適用を受けるものとします。

第10条(準拠法及び合意管轄裁判所)
  1. 本規約及び本サービスに関しては日本法を適用するものとします。
  2. 本規約及び本サービスの利用に関する訴訟については、大阪地方裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とします。