プレミア(有料会員)

4月15日(th0000004) 13安打8得点。6連戦を快勝で締める

戦評

こんな試合を待っていた。甲子園からの帰り道、頭の中には心地いい六甲おろしのメロディが流れていたに違いない。

初回、1死から鳥谷が右中間フェンスを直撃する2塁打を放つと、福留の適時打で1点を先制。金本監督は「完封負けの次の日の初回ですから、チーム全体が点取れてホッとしたと思う」と称えた。

4回には2死1塁から糸井がバックスクリーンに2点本塁打を運びリードは3点に。5回にも糸原がセンターオーバーの2塁打でチャンスメイクし、続く大山は基本通り右方向に弾き返す。強い打球がライト前への適時打となりさらに1点を追加した。

今季初登板となった先発・岩貞は連打を浴びた5回に犠牲フライで失点するも、最少失点で要所を締めて前半を1失点。6回をテンポ良く3人で片付けたところでお役御免となった。

「そんなに緊張なくゲームに入っていけたのと梅野の配球が本当に冴えて、ランナー出してから最少失点でいけたのが良かった」

3点リードの7回にはマテオが登板し、三者凡退。残り2イニングで3点あれば、鉄壁リリーフ陣にとっては十分な点差だが野手陣ははまだまだ攻撃の手を緩めない。

7回2死2塁から高山が三遊間への内野安打でつなぐと鳥谷がセンター前へ適時打を放つ。さらに2死1、2塁から糸井の打球が右中間を転がると2者が生還。続くロサリオもトドメと言わんばかりにレフト前に適時打を放ちこの回一挙4得点。2死からの4連打で瞬く間にリードを広げ、試合を決めた。

鳥谷が猛打賞を記録するなどチーム全体で13安打。打順に関係なく安打の雨を降らせ金本監督を「欲しいところで点取れた試合でした。ヒット数と得点とのバランスも効率よく点取れて良かったです」と喜ばせた。

今年最初の甲子園6連戦を白星で締め、連敗ストップ。結果、内容共に申し分ない1勝で、対戦一回りを終えて勝率は5割ちょうど。本調子でない選手もいる中でこれならば、来週からの貯金生活は確実だ。

戦評一覧へ戻る

MENU

  • 直筆サイン入りプレートをプレゼント!
  • オーエン甲子園