9月14日(JST000000Asia/Tokyo) マルテの一発で引き分けに持ち込む

戦評

初回は梅野の強肩が光り三振ゲッツー、2回は二遊間がきっちり併殺を完成させる。先発の青柳は先頭打者を出塁させても丁寧なピッチングでピンチを広げない。ストライクゾーンの出し入れで致命傷を避けた。

打線は初回こそ9球で三者凡退に倒れたが2回以降は常に塁を賑わせた。2回は大山の2塁打とロハス・ジュニアの四球で2死1、2。3回は青柳、近本の連打から1死満塁。4回は糸井と梅野の安打で1死1、2塁。5回は糸原の安打と四死球により無死満塁とした。4イニング連続で大きなチャンスを作り、ビッグイニングとなってもおかしくなかったが肝心のあと1本が出ない。

青柳は5回2失点と試合を作ったがビハインドを背負う6回の攻撃で打順が回ると代打を送られた。「前回に続き先制点を与えてしまい、チームに勢いをつけるような投球をすることができず悔しいです」その裏には9月8日のヤクルト戦でプロ初勝利を挙げるなど好投を続けていた小川が一発を浴びリードを広げられてしまう。

3点を追う7回、打線は5度目のチャンスでようやく反撃した。まずは先頭の近本がライトフェンス直撃の2塁打で出塁する。続く中野がセンター前に適時打を放ち1点を返す。さらに糸原が四球を選び、アウトカウントを増やさぬまま同点の走者を出した。しかし無死1、2塁からマルテが放ったレフトポール際への大飛球はビデオ検証の結果、惜しくもファールに。マルテがファールフライに打ち取られると後続も倒れ追加点が奪えない。8回には及川も失点し再び3点差とされてしまった。

試合前から降り続く雨の影響で中断も含めて4時間を超える熱戦の最終回、敗色濃厚なムードを4番の一撃で振り払った。近本と糸原が四球を選び出塁すると1死1、2塁からマルテが左中間に3点本塁打を叩き込んだ。今季18号は起死回生の同点アーチ、土壇場で試合を振り出しに戻した。

4-4に追いつくと最後は守護神・スアレスが締める。きっちり3人で打ち取り、価値ある引き分けに持ち込んだ。

戦評一覧へ戻る

MENU

  • 虎魂
  • 選べるプレゼントキャンペーン