11月7日(th00000011) 諦めない姿勢貫くもミラクルならず

戦評

負ければシーズンが終わる戦いで、厚みを増した下位打線が先制点を叩き出した。

2回1死から梅野がセンターオーバーの2塁打で出塁すると佐藤輝が左中間へ適時2塁打を放つ。

「梅野さんがチャンスを作ってくれたので、絶対に打ちたいと思っていました」

強振しなくても長打を打てる強打のルーキーの一打で先制に成功すると、追加点は巧打のルーキーのバットから生まれた。この回さらに2死1、3塁から中野がレフト前に運び1点を加えた。

先発の青柳は持ち味を発揮し2回まで無失点、2点の援護をもらい気持ちも高まったはずだが3回に4安打を浴び逆転を許してしまう。それでも2-3とビハインドを背負った2死1、3塁でリリーフした伊藤将がこのピンチを切り抜けると4回も無失点。「ピンチの場面でしたが、とにかく無失点で抑えるという気持ちで投げました。無失点で次に繋ぐことが出来て良かったです」という好投に続き、5回と6回はアルカンタラが1人の走者も許さないパーフェクトリリーフで1点差のまま食らいついた。「とにかく0点で抑えることが自分の役割だったから、2イニングを抑えることができて良かったよ」

打線は先制に成功した2回以降もチャンスを作り、走者を置いた場面で梅野や近本が抜けていれば長打確実の打球を放つが相手の好守備に阻まれてしまう。1点を追う6回に2死満塁としたがマルテのバットから快音は聞かれず、7回から登板したリリーフエースの岩崎はイニングを跨いだ8回にピンチを招き、前倒しで投入した守護神・スアレスが犠牲フライを打たれて欲しかった1点を奪われてしまう。

2-4と2点を追う9回、2死からマルテが内野安打で出塁し大山が四球を選ぶ。追い詰められた状況の中、諦めない姿勢を貫き同点の走者を出したものの歓喜の瞬間は訪れなかった。

日本一への道半ば、CSファーストステージでの敗退となってしまった矢野監督は「前半良いスタートを切って、皆さんに大きな期待をしてもらた中でそれを実現出来なかったのは悔しいですし、最後も勝ち切れなかったのはチーム全体での成長も必要ですし、でも皆さんと選手が一緒になって戦ってもらえたのは感謝の気持ちしかないですし、その分悔しさは大きいですけど前向いてやっていく、その姿をこれからも皆さんに見せていきます。1年間、どうもありがとうございました」とファンへの感謝を述べた。シーズンで活躍した佐藤輝、中野、伊藤将はCSでもルーキー離れしたパフォーマンスを発揮した。新たな力が加わり貯金21を積み上げたチーム力は本物、来季こそ勝率.005の差で届かなかった優勝と日本一の栄冠を掴み取る。

戦評一覧へ戻る

MENU

  • 虎魂