7月10日(28Asia/Tokyo10) リリーフ陣の好投が試合を引き締める

戦評

前半戦最後の試合でマウンドに上がったのはメッセンジャー。豪快なピッチングに期待がかかったが球が高めに浮きピリッとしない。立ち上がりに被弾すると2回になっても球威や制球が上向かずに失点を重ねる。完投能力の高さは折り紙つきだが2回4失点、無念の早期降板となってしまった。

相手に主導権を握られたが2番手の岩崎がこの流れを食い止める。3回から5回までの3イニングを1安打無失点、ロングリリーフで大きな仕事をこなし試合を引き締めた。

打線は4回に大山が、5回は北條が先頭打者として安打を放つ。続く打撃陣もライナー性の強い打球をいくつも放ったが惜しくも野手の正面や守備範囲に飛び連打が生まれない。前半戦は散発3安打、劣勢を強いられたが待望の反撃は6回だ。1死から大山が2塁打を放ち、マルテがライト前への適時打で続く。1点を返し巨人先発の今村をマウンドから引きずり降ろした。

終盤のイニングは能見の投球が光った。キレのあるストレートを右打者のインコースにガンガン投げ込み、2回を無失点。走者こそ出したものの内容的には圧倒していた。9回は島本がきっちり抑えて良いリズムを作り、後は味方の援護を待つだけ。

しかし3点を追う9回裏、1死から糸原が安打で出塁するも後続は続かず。小刻みな巨人の継投にかわされ前半戦ラストゲームを白星で飾れなかった。

84試合を戦って39勝41敗4分、2つの借金はあるが順位は2位。オールスターブレイクを挟み後半戦での巻き返しを図る。

戦評一覧へ戻る

MENU

  • 虎魂