10月11日(OctoberFri, 11 Oct 2019 00:00:00 +090000) 剣ヶ峰で一矢!大山 意地の決勝アーチ

戦評

追いつ追われつの壮絶な戦いの末に飛び出した若き大砲 執念の一発で、阪神がファイナル・ステージ初勝利を飾った。

日本シリーズ出場へ王手をかけた巨人は、シーズン優勝決定試合と同じくルーキー戸郷を先発に立てる。もう後がない阪神は、大山をスタメンに戻し初戦と同じオーダーで臨んだ。初回は一死からCS好調な北條の左二塁打でチャンスを作るが、福留・三振にマルテ・三ゴロで返す事が出来ない。

今季9勝と躍進した阪神先発・青柳に対して、巨人はスタメン5番に阿部を戻し下位には重信・田中俊・炭谷が並ぶ。青柳は初回二死から丸・岡本に連続四球を与え1・2塁に走者を背負うが、5番 阿部を一ゴロに打ち取り切り抜けた。2回裏は先頭・重信に内野安打の出塁を許すも後続を打ち取った。

3回表 阪神先頭・梅野はカウント3-1からの真っ直ぐを捉えてレフトスタンドへソロ本塁打を運び、このシリーズ初めて阪神が先手を取った。「なかなか先制点を取ることが出来ていなかったので、ヤギ(青柳)のためにも先制点を取ることが出来て良かった」と、梅野隆太郎捕手が引き締まった表情で話す。この後、二死満塁と尚も戸郷を攻め立てるが、5番 糸原は三邪飛に倒れた。(阪神1-0巨人)

その裏 巨人は戸郷に代打・若林を送って、その若林の左アキレス腱付近に青柳が死球をぶつける。亀井が右前安打で渋く繋いで、坂本勇は投ゴロ。一死1・3塁で3番 丸を迎えるところで、阪神も青柳からガルシアにスイッチした。ガルシアは丸に四球を与え満塁となって、4番 岡本にはフルカウントからフェンス直撃の中越え2点適時二塁打を浴び、逆転を許す(巨人側から本塁打では?のアピールも、リプレー検証で判定変わらず)。続く阿部にも右前適時安打を浴びて3対1とされた。

総力戦に相応しく両先発投手が序盤でマウンドを降りる展開。巨人・戸郷は3回(64球)3安打1三振2四球1失点。先取点は許したが、若者らしくベストは尽くした。一方、阪神・青柳は2回1/3(46球)2安打0三振 3四死球2失点。点を貰った直後の先頭打者へ与えた死球が何とも悔やまれるだろう。

4回表 巨人は2人目・桜井が登板。阪神は高山・四球と代打・陽川の中前安打に近本・四球で二死満塁とするが、2番 北條は低めのチェンジアップで空振り三振に倒れて絶好の反撃機を逃した。その裏 阪神は左腕・島本を投入するが、二死から途中出場・陽岱鋼にバックスクリーンへの特大ソロ本塁打を浴びて、巨人に追加点を奪われてしまった。(巨人4-1阪神)

5回表 阪神は福留・四球、マルテ・死球、糸原・四球で無死満塁とする。堪らず巨人は、桜井を左腕・高木に代える。ここで6番 高山は高めを強引にライト前へ運ぶ適時安打。大山・空振り三振後、8番 梅野も三遊間を破る左前適時安打を放った。1点差と迫り、代打・原口は見逃し三振に倒れたが、1番 近本がライト線へ走者一掃3点適時三塁打を放って、阪神は この回5点のビッグイニングで6対4とひっくり返した。「打ったのはストレート。一気に逆転したい場面だったので、何とかしたい!という思いだった。気持ちで打った」一打に近本光司外野手も満足そうな笑顔を見せる。

しかし、その裏。阪神4人目・ドリスがつかまる。先頭・丸に四球で出塁を許すと4番 岡本に速球を豪快に打ち返され、バックスクリーン左へCS2号同点2ランを放り込まれる。しかし、ドリスはこの後 阿部の右前安打から一死2塁とされたピンチは踏ん張り、同点で何とか凌いだ。(巨人6-6阪神)

6回表 阪神は一死からマルテ・糸原が連続四球を選び1・2塁とするが、ここで高木と交代した大竹の前に6番 高山が遊ゴロ併殺打に倒れて勝ち越す事が出来なかった。7回表 先頭・大山が内野安打で出た阪神は、梅野の犠打で一死2塁とするが、ベテラン・大竹に途中出場・木浪と1番 近本の新人コンビが揃って二ゴロに打ち取られている。

阪神は、6回途中ドリスからバトンを受けた岩崎が投げていたが、7回裏 丸・岡本の連打で無死1・2塁とピンチを迎える。阿部は中飛、途中出場の小林・一ゴロ。田中俊も二ゴロに打ち取って脱出した。

巨人・中川が登板した8回表。阪神は北條・福留が連打で無死1・2塁とするが、マルテ・捕邪飛(巨人・小林の美技)、代打・上本は空振り三振。6番 高山も二ゴロに倒れて、ここでも勝ち越しに失敗した。その裏 阪神は守護神・藤川を送って、矢野監督がチームを鼓舞する。

9回表 阪神は先頭7番 大山がスライダーを逆方向のライトスタンドへと運ぶ鮮やかな勝ち越しソロ本塁打。阪神がリードを奪った。続く梅野は内角直球を左手一本で運ぶレフトフェンス直撃の二塁打を放つが、木浪の送りバントが失敗に終わり、追加点とはならない。嫌な流れだったが、その裏 藤川は坂本勇を中飛。丸をフォークで空振り三振に仕留め、4番 岡本も遊ゴロに打ち取り、7対6で阪神が一矢報いて、巨人の日本シリーズ進出に待ったをかけた。

「自分自身流れに乗り切れてないところがあったんですけど、まぁそんなのは関係なく、打席に入ったら自分のスイングをしようと思ったので、その結果 本塁打になって本当に良かった」。決勝アーチの大山悠輔内野手がヒーローインタビューで胸を張る。

「ユウスケ(大山)がヒーローと言うか、よく打ったんだけど。1人じゃないよね?こんなゲーム1人で出来へんし」。全員で繋いで結びつけた貴重な勝利に矢野燿大監督は、ご満悦だ。「(大山が打った事は)そらもう嬉しいよ。でもユウスケだけじゃなくて、苦しんで来てる選手たちが打ってくれてるんで。今日は本塁打が出たけど、繋いで行く野球がウチの野球やし。それをやり切ってくれた!」。

それにしても、シーズン最終盤から後のないところでの驚異的な粘りには、指揮官自身も驚いている。「いやあー凄いよなぁ!勿論このままあっさり負けるつもりもないし、負けたくもないという気持ちで臨んで来た。ウチは強くないんでね。強くないからこそ、そういう気持ちとか?みんなで野球やって行くという部分は大事にして行ってくれてるのを感じてるんで。それをまた今日も体現してくれたんで。凄く良いきっかけになる1勝かな!と思う」。負けたら終わりの状況は変わらないが、「またこれでみんなと野球が出来るので。思い切り楽しんで、巨人にヒヤヒヤさせたいな!」と話した矢野監督。猛虎の底力は、本当に侮る事が出来ない。

戦評一覧へ戻る

MENU

  • 虎魂