10月13日(th00000010) 西 無念!『感動ドラマ』遂に終焉

戦評

先制も虚しく好投の右腕が奇襲で勝越しを許した阪神が、その流れのまま押し切られて華々しく散った。

台風の為1日順延。仕切り直しとなったCSファイナルステージ第4戦。プロ初登板の阪神戦で初勝利を飾った巨人先発ルーキー左腕・高橋に対する阪神は5番に第3戦のヒーロー大山、8番で陽川を起用する打線を組む。初回は近本・北條 連続三振の後、四球を選んだ福留が、次打者・マルテの初球に意表を突く盗塁を決めるが、マルテは詰まった遊直に倒れた。



    2回表 阪神は、先頭・大山の左中間二塁打と梅野・犠打で一死3塁として、7番 糸原の左犠飛で鮮やかに先取点を奪う。貴重な先制打点をマークしたキャプテン糸原健斗内野手は、「打ったのはストレート。悠輔(大山)と梅野さんが作ってくれたチャンスだったので、何としても還したかった。最低限の仕事が出来て良かった」と充実の表情で振り返る。3回表には、敵失と北條・死球で一死1・2塁と追加点のチャンスだったが、福留が見逃し三振。4番マルテも三ゴロに打ち取られて得点をあげる事が出来なかった。



     阪神先発・西は、ファーストステージ初戦で打球を左足親指に当て負傷交代して以来の登板となった。巨人は5番 阿部以下、ゲレーロ・大城・田中俊と並ぶオーダーで攻略を図る。西は、左打者へのカットボールと右打者へのシュートを有効に使って、なおかつ慎重な配球で序盤9人の打者を完璧に抑え込む。




     
    西の気迫溢れる投球の前に抑えられていた巨人だが、5回裏 先頭4番 岡本が初球を狙い打って中越え3号ソロ本塁打を放って同点とする。追いつかれた阪神は、直後の6回表 北條・福留が連続四球で無死1・2塁と勝ち越し機を迎える。原監督がここで先発・高橋を諦め、ベテラン・大竹を送ると、大竹は4番マルテを三ゴロ。大山・梅野を連続三振に斬ってベンチの期待に応えた。



   するとその裏 巨人は先頭・途中出場の山本が左二塁打で出塁。亀井・犠打で一死3塁と絶好機を作った。このピンチに西は坂本勇を渾身の変化球で空振り三振に打ち取るが、続く3番 丸に意表を突いたセーフティバントを決められて、遂にリードを許す。懸命なバント処理も一塁への送球が逸れて、西は思わず人工芝に膝をついて暫く立ち上がる事が出来なかった。この勝負に賭けた強い思いと無念さが現れた場面である。西はこの回を投げ切り交代。6回(79球)6安打 4三振 無四球 2失点だった。



   7回裏 阪神2人目・岩崎は、一死1塁に四球の大城を背負い、7番ゲレーロにボール1からの真っ直ぐを右中間スタンドへ決定的な2号2ランを運ばれて4対1と点差が開いた。それでも、矢野監督は8回裏 守護神・藤川を送って最後までファイティング・ポーズを崩さない。藤川は二死から1・2塁のピンチを招いたが、重信を一ゴロに打ち取っている。


    リードしてからの巨人は、7回から逃げ切りリレー。田口〜中川〜デラロサと繋いだ。9回表 二死となると阪神は梅野に代打・鳥谷を打席に送り出す。東京ドームが異様なムードに包まれる中、鳥谷は二ゴロに倒れて全てが終わった。巨人が4対1と阪神を破って、6年振りの日本シリーズ進出を決めた。


   胴上げで10度宙に舞った巨人・原辰徳監督が、「(阪神の)シーズン終盤からCSファーストステージ、ファイナルステージ。チーム一丸となった戦い振りは、我々にとって脅威だった」と振り返る。最後に力尽きた猛虎だが、崖っ淵から何度も甦った不屈の闘志は心底称賛に値するものだった。



    矢野燿大監督も納得した表情で総括する。「(ここまで来る事が出来て)楽しかったね!毎日。やっぱり、こういう試合を続ける事でチームとして成長出来た部分が大きいと思うし。オレらが目指すところって、もっと上のところにあるんだけど。ここで現在地と言うか?そう言うものが分かるものになれた。(CSファイナルステージまで勝ち上がった)意味と言うのは、凄くあったと思うし、負けられないって言う戦いの中で、チーム一つになって戦えたと言うのは、一番手応えを感じている」。



   長い戦いの末に味わう これ以上ない悔しさだった。それでも、常々口にする発展途上のチームが、飛躍の大きなきっかけとなり得る貴重な経験を積んだ確かな手応えが指揮官にはある。来季の巻き返しを誓って、猛虎ナインが敵地・東京ドームから静かに引き揚げて行った。

戦評一覧へ戻る

MENU

  • 虎魂