7月13日(JST000000Asia/Tokyo) 勝利ならずも首位ターンを決める

戦評

6月に登板した4試合は全て6回以上を投げ自責点は3点以下。クオリティスタート率100%を誇っていたアルカンタラだったが立ち上がりに5安打を浴びて3失点。初めてのDeNA戦は苦しいスタートとなってしまった。2回はサード・大山の好守備により併殺を奪って無失点に抑えたが、3回に被弾しリードを広げられてしまう。その裏に打順が回ると代打が送られた。

4回からは7日のヤクルト戦で5回を投げたニ保が登板し2回を無失点。「2イニングともランナーを背負ってのピッチングになってしまい、チームに良い流れを持ってくるためにも三者凡退で抑えたかったです」と話したが求められる役割は果たした。

援護したい打線は5回に2死から中野がセーフティバントを決めて出塁し代打の陽川が安打を放つ。2死1、3塁で打席には近本。大逆転サヨナラ勝利を収めた前日の9回と同じシチュエーションを作った。この場面で近本は鋭い打球を飛ばしたが惜しくもセカンドライナー。ミラクル再現とはならなかった。

それでも馬場と及川が好リリーフを見せると7回に反撃に転じた。

サンズが2塁打で出塁し佐藤輝が1、2塁間を抜ける適時打を放つ。2回にチーム初安打となる2塁打を記録していたルーキーがまたしても価値ある一打を放った。

ワンチャンスで追いつける3点差に迫ると8回は前日に3三振を奪った藤浪がマウンドへ。2日続けてチームに流れを呼び込みたいところだったがDeNA打線につかまり逆に点差を広げられてしまう。

7点を追う9回はサンズが明日につながるアーチを描く。さすがに1イニングで追いつくことは出来なかったが最後まで戦う姿勢を崩さず、2位の巨人が敗れたため首位ターンが確定した。

9連戦は8試合を終えて4勝4敗で明日の試合が前半戦ラストゲーム。気持ちよく勝って終わりたい一戦は6勝0敗のガンケルが先発する。連勝街道を突っ走る助っ人に期待だ。

戦評一覧へ戻る

MENU

  • 虎魂
  • 選べるプレゼントキャンペーン