スタンプ未押下

10月31日(JST000000Asia/Tokyo) 終盤の反撃及ばず甲子園で痛い黒星

戦評

1勝1敗で迎えた日本シリーズ3戦目、決戦の舞台は甲子園へ。京セラドーム大阪以上に大きく、全方位から聞こえる声援を力に変え先制に成功した。

2回、大山とノイジーの安打で1死1、3塁のチャンスを作ると坂本の放った鋭い打球が1、2塁間を襲う。相手の好守備によりライト前には抜けなかったものの併殺崩れの間に3走・大山が生還、先取点を奪った。

先発マウンドには左のエース・伊藤将が上がった。秋のナイターでも半袖を着用、熱い闘志をボールに込めた。初回はきっちり低めを突いて無失点の立ち上がり。しかしシーズン中よりもややボールが高くなりがちで4回に同点アーチを浴び、5回に勝ち越しを許してしまう。バント処理で自らの悪送球も絡んで5回4失点、ゲームメイク能力が高くフィールディングにも優れる左腕にとって悔しいマウンドとなってしまった。

「立ち上がりも落ち着いて投げることができましたし、先制点を取ってもらったのでなんとか守り切りたいと思っていましたが、自分のミスから流れを悪くしてしまい、申し訳ないです」

6回にブルワーも1点を失いビハインドは4点に。それでも1-5の7回に坂本と木浪の連打から1死満塁とし、中野の内野ゴロの間に1点を返す。追い上げムードが高まる中、強心臓ルーキーがライト前に2点適時打を放ち1点差に迫った。

8回にも1死からノイジーの安打と坂本の送りバントで2死2塁。9回には代打・原口と森下が四球を選び2死1、2塁と一打同点のチャンスは作ったが得点ならず。石井、桐敷の好リリーフに応えたいところだったが惜しくも1点届かなかった。

ここまでは村上、西勇、伊藤将と制球力で勝負する投手が先発マウンドを任されたが明日は球威で抑える才木が先発予定。日替わりオーダーのオリックス打線が策を講じることも出来ないような力でねじ伏せるピッチングで2勝2敗のタイに持ち込みたい。

戦評一覧へ戻る

MENU

  • 虎魂

モバイル