1950年代~1960年代

1951~1953年

ホーム(1952年のみ使用)
白坂長栄 白坂長栄
ホーム(1952年のみ使用)

ユニフォームのイラストをクリックすると詳細が見れます。

ビジター(1951~1953年使用)
真田重蔵 真田重蔵
ビジター(1951~1953年使用)

ユニフォームのイラストをクリックすると詳細が見れます。

シンプルという意味で、タイガースのユニフォーム史を見ていきますと、ちょっと目立つ存在がある。

タイガース史上最もシンプルだったのは、1951年から53年にかけて使われたユニフォームではないかと思う。

なにしろ縦縞どころかラインも入っていないのである。 白とグレーの2種類があったが、共に同じデザインで胸マークはTigersだった。

前年の50年に、胸マークがOSAKAのグレーのユニフォームが復活していたのだが、あっさり姿を消してしまい、OSAKAの文字は左袖に移動した。

前年のセ・パ2リーグ分立の中、大量の選手引き抜きにあい、セ・リーグ既成球団ではいちばん下位の4位に落ち、戦力が大幅にダウンしたタイガースだったが、チーム力は少しずつ回復をとげていった。51年は3位、52年2位、53年2位という具合に、このユニフォームを着用していた時期は優勝こそしなかったが、タイガースらしい安定した力を発揮していた。

そして53年、ついにホーム用に縦縞のユニフォームが復活する。ただしビジター用に関しては、このユニフォームがそのまま使われていた。

あまりにシンプルすぎて、なんだか一見、練習用かと思ってしまうデザインだが、当時は、こういうスタイルが流行りだったようで、同時期の他球団のユニフォームにも似た形がいくつか存在する。

54年にビジター用も廃止となるが、その後もこのユニフォームは二軍の阪神ジャガーズで使われ続けた。

MENU

  • 虎魂
  • 選べるプレゼントキャンペーン