1950年代~1960年代

1961~1965年

ホーム
(左)藤本定義監督(右)村山 実	(左)藤本定義 監督
(右)村山 実
ホーム

ユニフォームのイラストをクリックすると詳細が見れます。

ビジター
小山正明 小山正明
ビジター

ユニフォームのイラストをクリックすると詳細が見れます。

1961年に大阪タイガースから阪神タイガースと名称を変更したときのユニフォームである。このときから帽子もHTマークとなった。

そしてタイガースは黄金時代を迎えようとしていた。

チームを率いていたのは藤本定義監督。投手陣には村山実、G・バッキー、小山正明(64年は東京オリオンズに移籍)の三本柱、打撃陣は吉田義男、並木輝男、藤本勝巳、藤井栄治、遠井吾郎、安藤統夫、M・ソロムコ(小山と同じく64年はオリオンズに移籍)、山内一弘(64年オリオンズから移籍)などの巧打者が揃っていた。

タイガースの黄金時代というと、85年を思い出す人も多いと思うが、この時代のタイガースは、あのバース、掛布、岡田の3連発のようなチームではなかった。どちらかというと試合巧者という感じで、執念深く、けっして勝負を諦めず、気がつくと勝っているというようなチームであった。 このユニフォームを使い始めて2年目の62年、大洋ホエールズとデットヒートの末にリーグ優勝を飾る。一度は優勝の可能性がほとんどなくなったのだが、最後の最後まで粘りに粘っての優勝だった。 さらに64年、再び大洋ホエールズとデットヒートの末にリーグ優勝。これも62年と同じく、最後まで粘りに粘って勝ち取った優勝だった。

だが二度のリーグ優勝を飾ったユニフォームではあったが、日本シリーズでは2回とも、パ・リーグの優勝チームに日本一をさらわれてしまう。そのため66年にはモデルチェンジが行われ、このユニフォームは姿を消すコトになった。

MENU

  • 虎魂
  • 選べるプレゼントキャンペーン