1970年代~1980年代

1982~1983年

ホーム(1982~1983年使用)
掛布雅之 掛布雅之
ホーム

ユニフォームのイラストをクリックすると詳細が見れます。

コラム

生き残った1の書体

阪神タイガース伝統の丸数字の背番号がはじめて登場したのは1953年。ホーム用ユニフォームに使用されたのが最初だった。しかしそれも84年、このユニフォームを最後に廃止となってしまった。ところがなぜか1の書体だけが生き残る。写真のような書体で、この形の1は、2000年まで使われ続けた。

阪神タイガースのホーム用ユニフォームから、黄色いラインが消えたのは1982年だった。

現在の白と黒が基調のユニフォームの原型はこの年から登場したのである。

帽子もビジター用とは別の形となり、この年から伝統の白と黒の縞帽子も復活している。(99年いっぱいで廃止)

82年というのは中西太氏に代わって、チーム生え抜きの安藤統男氏が監督に就任した年。つまりOB監督の登場で、ホーム用ユニフォームに伝統のスタイルが復活したのだ。

一方、ビジター用はリニューアルされず、79年から使われていたモデルがそのまま継続使用されていた。ビジター用のモデルチェンジは84年からで、グレーの縦縞ユニフォームが採用された。

縞帽子でお馴染みのホーム用とグレーの縦縞は同時に登場したように錯覚されがちなのだが、実は採用時期は2年ほどズレていたのである。

ただしホーム用も82年型と84年型では、若干デザインが違っていた。

いちばんの違いは背番号だろう。82年型に採用されていたのは、タイガース伝統の丸文字だった。これが84年型になると角型に変更されている。

それから細かいところでは82年型と84年型では、袖章の虎のマークも違う。82年型は70年代のデザインがそのまま使用されていて、84年型から現在とほぼ同じ形となった(若干大きさが小さいのだが)。

MENU

  • 虎魂
  • 選べるプレゼントキャンペーン